キャバクラとはどこが違う?ガールズバーの基礎知識

ガールズバーってどんな店?

稼げるバイト先として求人情報で見かけることの多いのがガールズバーです。ガールズバーという名前は聞いたことがあっても実際にどんなお店なのかよくわからないという女性は多いと思われます。中にはキャバクラやクラブと混同されている方も見受けられますが、ガールズバーとそれらのお店では明確な違いがあります。時給が高そうだからガールズバーで働いてみたいと思っていても店のシステムや雰囲気がわからないままでは安心して応募もできません。
ガールズバーは一言で言えば女性がバーテンダーとしてカウンター越しに接客するスタイルの飲み屋です。カクテルなどのお酒を作って提供する場所なのでキャバクラやクラブとは全く違います。健全性が高く、女性が安心して働けるスタイルのお店です。

ガールズバーは男性の横に座って接客しない

ガールズバーの最大の特徴は客の横に座って接客しないことです。
キャバクラのキャバ嬢やクラブのホステスは客の横に座って接客サービスを提供します。一緒にお酒を飲んだりトークしたりカラオケしたりと接客技術が重要な仕事です。
それに対しガールズバーでは男性の横に座って接客することはありません。女性スタッフはバーテンダーとしてカウンターの中で働くのが基本です。お酒や料理を運んだりカウンター越しに会話することはありますが接客のために客のテーブルに付くことはありません。男性客に体を触られたりすることがないのでとても健全です。

ガールズバーでの接待行為は風営法で禁止されている

なぜガールズバーでは客のテーブルについての接客が行われないのか?それは風営法で禁止されている接待行為に抵触するからです。
飲食店を取り締まる風営法ではテーブルについて行われる接客を接待行為と呼んでいます。ガールズバーは営業許可の関係から接待行為を提供することを禁じられています。もし接待行為をしてしまうと最悪の場合営業許可を取り消される恐れがあるためガールズバーでは女性スタッフが客の横について接客することを禁止しています。
ガールズバーでの接客はカウンター越しの会話程度までに限定されます。接待を強要されることはなく女性スタッフは安心して働けます。

関連する記事