キャバクラとはどこが違う?ガールズバーの基礎知識

ガールズバーってどんな店?

稼げるバイト先として求人情報で見かけることの多いのがガールズバーです。ガールズバーという名前は聞いたことがあっても実際にどんなお店なのかよくわからないという女性は多いと思われます。中にはキャバクラやクラブと混同されている方も見受けられますが、ガールズバーとそれらのお店では明確な違いがあります。時給が高そうだからガールズバーで働いてみたいと思っていても店のシステムや雰囲気がわからないままでは安心して応募もできません。
ガールズバーは一言で言えば女性がバーテンダーとしてカウンター越しに接客するスタイルの飲み屋です。カクテルなどのお酒を作って提供する場所なのでキャバクラやクラブとは全く違います。健全性が高く、女性が安心して働けるスタイルのお店です。

ガールズバーは男性の横に座って接客しない

ガールズバーの最大の特徴は客の横に座って接客しないことです。
キャバクラのキャバ嬢やクラブのホステスは客の横に座って接客サービスを提供します。一緒にお酒を飲んだりトークしたりカラオケしたりと接客技術が重要な仕事です。
それに対しガールズバーでは男性の横に座って接客することはありません。女性スタッフはバーテンダーとしてカウンターの中で働くのが基本です。お酒や料理を運んだりカウンター越しに会話することはありますが接客のために客のテーブルに付くことはありません。男性客に体を触られたりすることがないのでとても健全です。

ガールズバーでの接待行為は風営法で禁止されている

なぜガールズバーでは客のテーブルについての接客が行われないのか?それは風営法で禁止されている接待行為に抵触するからです。
飲食店を取り締まる風営法ではテーブルについて行われる接客を接待行為と呼んでいます。ガールズバーは営業許可の関係から接待行為を提供することを禁じられています。もし接待行為をしてしまうと最悪の場合営業許可を取り消される恐れがあるためガールズバーでは女性スタッフが客の横について接客することを禁止しています。
ガールズバーでの接客はカウンター越しの会話程度までに限定されます。接待を強要されることはなく女性スタッフは安心して働けます。

ガールズバーは朝から勤務できるところもある

ガールズバーというのは夜の仕事というイメージが強い人も多くいます。
確かに実際そういった時間帯に活気を帯びることが多く、お客さんも多く来店します。
しかし、朝から働くことができるようなガールズバーもありますから、そっちの方が都合がいい人はそういうお店も探していきましょう。

ガールズバーの勤務時間帯の定番は夜以降

ガールズバーの勤務時間帯は、多くの場合で夜の19時あたりから深夜あたりまで、または深夜から明け方までといったケースがほとんどです。
ガールズバーの求人を見ると、こういった時間帯で募集をしているところがかなり多いです。

そういった時間帯にお客さんが多く来る状況になっているお店がほとんどなので、そういう募集をしているということになります。
しかし、全てのお店がそうではないので、夜遅い時間帯よりは明るいうちから働けるお店の方が都合がいいという人は、そういう視点で求人を探すと良いです。

ガールズバーでは朝から働けるお店も一部ある

ガールズバーの中には朝から普通に営業しているところがあり、そういうコンセプトのお店は明るいうちからお客さんがある程度集まるということになります。
一般的なガールズバーと差別化を図るお店があるので、そういったところは朝とか、昼間の時間帯で勤務をすることが可能です。

例えば、大学生などをやっていて、授業が午後からしかないような日には、午前中に働きたいというケースもあるはずですから、そういうときに便利です。
そういう要望を持っている人は朝から募集している求人を探すと良いですが、ガールズバーが多く集まるようなエリア、例えば東京ならば新宿などの場所には朝から働ける求人が見つかりやすいはずです。

ガールズバーの面接での質問は?

ガールズバーで働きたいと思っているならば、まずは面接を受けないといけません。
しかし、面接ではどんなことを聞かれるのか?という点が重要です。
ガールズバーの面接での質問をあらかじめ想定し、適切な回答を考えておくという対策をしていきましょう。

ガールズバーの面接で聞かれる質問の中で頻出のもの

ガールズバーの面接においてどんなことが聞かれるのか?というのは重要です。
特に頻出の質問に関してはあらかじめ回答を考えておくことをしておいてください。

1週間で出勤できる回数

これはガールズバー以外のアルバイトでも定番ですが、やはり多く出られる人が欲しいという気持ちがあります。
だからこそ、ここでも聞かれる可能性が高いと言えるでしょう。

昼間の過ごし方

ガールズバーは主に夜に働くため、こういった質問がされる可能性が高いです。
昼間の過ごし方から人柄を探ろうとしているのでしょう。

水商売の経験の有無

水商売の経験を必要としているわけではないものの、そういった経験がある人はすぐに慣れることができる可能性があります。
つまり、そういう経験がある人は多少有利になるかもしれませんが、なくても自分がこの仕事に向いているというアピールをしていけば大丈夫です。

ガールズバーの面接では全体の印象が重要

ガールズバーの面接での質問は答える内容もある程度重要ですし、それも合否に影響していると言えます。
しかし、やはり面接では面接官がどのように感じるか?というフィーリングが重要であり、面接官の心証を気にする必要があります。

つまり、答える内容とともに面接での態度や振る舞いという点をしっかりと認識して対策をしないといけないのです。
質問に対応すること以外でも、頭の中に入れておかないといけないことがあるということになります。

ガールズバーで貴重な戦力として働くポイント

聞き上手になることで多くのお客から好印象

せっかくガールズバーで働くことができても戦力として活躍できなければ意味がありません。そこでガールズバーで働く時、できる限り聞き上手になることでお客に好印象を与えやすくなります。
色んな事情になっている客がガールズバーを利用するので、その中には多くのストレスが溜まっている客もいます。聞き上手になれば、多くのストレスを溜めている客が気軽に話せるので今後もリピーターとして利用してくれる可能性が高まります。話すのが苦手な女性も聞き役に徹することで、このように貢献することが可能です。

笑顔で接客することがとても重要

笑顔で接客することによって、利用客に好印象を与えやすいのでこれも重要なポイントです。初めてガールズバーの仕事に挑戦する女性は、緊張しているのでどうしても笑顔が難しいです。しかしできる限り笑顔で接客するように心がければ、利用客を不愉快な思いにさせないで済みます。
そしてガールズバーの売上に貢献できるようになるため、貴重な戦力として仕事を行えます。多くの女性が安心して利用してもらえるように笑顔で接客しており、素敵な時間を提供しています。

体調管理をしっかりと行うこと

少なからずお酒を飲む機会が発生するので、常に健康な状態をキープすることが必要です。健康的な女性はある程度お酒を飲んだ場合でも体調不良にならないで、しっかりとガールズバーの戦力として貢献できます。
特に身体が強くない女性は、バランスの良い食事やしっかりと睡眠を取り、体調不良を起こさないように気を付けないといけません。ガールズバーでたくさんのお金を稼いでいる女性が多くいます。これらの女性は、しっかりと体調を整えており、戦力として仕事を行えるように努力しているのが実態です。

そうだったのか!ガールズバーで売れる子の気配りとは?

ガールズバーで売れる子はお酒の研究を怠らない

ガールズバーで仕事しているけれども、「お客さんが付いてくれない」と悩んでいる人はあなたが作るお酒があまりおいしくないからかもしれません。ガールズバーに来るお客さんは女の子と心地いい時間を過ごしたいと考えている人が多いです。

楽しくおしゃべりしたり、癒しを求めたりします。ガールズバーではお酒や食事を共にしてお客さんが満足する時間を提供する必要があります。いくら話が楽しくても飲むお酒がおいしくないと、お客さんとしてはもう一つ足りないという印象が残ります。

お客さんに満足して帰ってもらうためには、おいしいお酒を出す事が大事になります。実は売れる子はお酒をどうしたらおいしく作る事ができるから研究していたりするのです。また、お客さんの好みに合わせて臨機応変に作れるようになる事も、売れる子に近づくために大切な事です。

ガールズバーで売れる子はカウンター越しの気配りができる

例えばお客さんに渡すおしぼりなどがあります。お客さんが席に着くとおしぼりを渡しますが、一度熱すぎる事はないか、逆に冷めていないかなど確認します。さらにおしぼりを広げてあげて差し出すようにするといいでしょう。

お客さんが気持ちよく使う事ができるように、相手の事を考えてあげる事がポイントです。また、ガールズバーにくるお客さんはタバコを吸う人も少なくありません。お客さんがカウンターにタバコを置いたら、すかさず灰皿をテーブルに差し出しましょう。

小さい気配りですが、相手には大事に扱われている感じます。また、会話を楽しみながらもお客さんのグラスの状態はどうか、灰皿はタバコであふれていないかなどチェックしましょう。