女子大生にぴったりのガールズバーバイト

barmaid with shaker preparing cocktail at bar

女子大生にぴったりのバイトはガールズバー

女子大生という若くて力と美しさ、元気いっぱいなそのメリットを活かせるのがガールズバーのバイトです。夜の時間のバイトはやや疲れを感じるかもしれませんが、日中は学業に打ち込み、夜はバイトでしっかり稼ぐ、それは充実した毎日になること間違いなしです。若いからこそできるバイトであり、新しい出会いや人間関係を作ることができるし、自分で働き稼ぐ喜びを味わうことができます。それにこの年頃の若い女性は、ブランド品の服や海外旅行にも行きたくなるのではないでしょうか。そのための資金をしっかり稼げます。
⇒⇒キャバクラとはどこが違う?ガールズバーの基礎知識
⇒⇒ガールズバーで貴重な戦力として働くポイント

フレキシブルが嬉しいガールズーのバイト

とはいえ疲れることもあれば体調が優れないこともあるでしょう。毎日のようにお店には入れないし、休みを多く取りたいこともあるものです。ガールズバーのバイトは、その点で融通が利き、週に1日だけでもOKとか、ある程度の期間休みたい、という願いも受け入れてくれます。とてもフレキシブルであり、働きたいときに働くことができ、休みたいときに休むことができるので、それほどプレッシャーを感じることなく、バイトを楽しめるでしょう。
⇒⇒ガールズバーは朝から勤務できるところもある

ガールズバーの接客は楽しい

ガールズバーではお客さんにお酒を出したり、注文を受けたり、カウンター越しにいろいろなことを話します。普段表には見せない、いろいろな顔を持った人を相手にすることが多く、本音トークだったり、ぶっちゃけトークだったりと、ストレートで話す内容が楽しく、一緒にいるだけで居心地よく感じることでしょう。やや内気で口下手と感じている女性も、相手の話を聞いてあげるというスタイルで接すると、良い感じで会話が続き、お客さんも喜びます。
⇒⇒そうだったのか!ガールズバーで売れる子の気配りとは?

ガールズバーで働く女性の平均年齢は?

Female Bartender
ガールズバーというのは、その実態をよく知らない人でもなんとなく若い人たちが働いているイメージを持っているでしょう。
20代の女性が多そうなイメージを持っている人はかなり多くいると思われますが、ガールズバーで働く人の平均年齢のようなものが気になるはずです。
20代ではない女性にとっては、特にそこが気になるはずなので、全体の傾向として把握しておくと良いです。

ガールズバーにおける従業員の平均年齢

ガールズバーで働く女性の平均年齢というのは、厳密に言えばお店ごとに違います。
ただ、一般的に言えば、20代前半から中盤のあたりになっているところが多いです。
しかし、10代の子はほとんどおらず、20代以上の女性がほぼ全員と思っておきましょう。

ちなみに18歳未満は基本的に働くことができないので、年齢制限の下限はあります。
しかし、年齢制限の上限は設けていないお店が多いはずですから、年齢にこだわりなく多くの女性が働ける可能性があります。

30歳以上の女性が働くケースもある

ガールズバーの従業員の平均年齢で言えば、多くの人が想像する通りと言えます。
したがって、30代以上の女性は割合で言えばかなり低いでしょうけど、お店が従業員として雇うメリットを感じられれば、そういった年齢の女性も働くことは可能でしょう。

だから、問題は年齢のみではなく、ルックスやコミュニケーション能力などを含めた総合的な部分になると言えます。
男性のお客さんを楽しませる仕事なので、ルックスが多少は重要というのはあるにしても、やはりコミュニケーション能力に関しては特に細かくみられる可能性があり、そこで魅力を感じさせることで働くことも可能でしょう。
逆に言えば、若くてもその点において問題があると思われれば採用されないでしょうし。
⇒⇒ガールズバーの面接での質問は?

【PR】
高収入!ガールズバー求人
■https://www.gb-walker.jp/recruit/